パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

パソコン

​今秋Appleから公開予定の iOS 10はどんな点が優れているか。

2017/06/19

今秋の公開予定の iOS 10は大幅に機能拡張がなされるようです。Appleはこれを「史上最大のアップデート」と表現しています。それでは、現段階で分かっているバージョンアップの主な内容を記しておきたいと思います。

ロック画面から手軽に操作、通知の確認、カメラの起動

ロック画面から以下の操作が可能になりました。

  • 「右に」スワイプするだけでウェジェットで通知を確認
  • 「左に」にスワイプするとカメラアプリが起動

今まではロック画面から「上に」にスワイプし、更に小さなカメラのアイコンをタッチしましたが、この改善により素早く、確実に、手元を見なくてもカメラを起動できます。

時計の色の背景が黒を基調に

目に優しい時計になりそうです。

デフォルトアプリが削除可能に

これで使っていないデフォルトアプリを消し、画面をすっきるさせることができます。「Game Center」「Photo Booth」「iTumes Store」「iBook」など使っていなければ削除できます。削除してしまってもApp Storeでいつでもダウンロードできますから、気軽に削除できそうです。ただし容量は思ったほど増えません。全部消したとしても「150MB」程度だそうです。
削除できるアプリは以下のとおりです。
電卓、カレンダー、コンパス、連絡先、Facetime、友達を探す、Home、iBooks、iCloud Drive、iTunes Store、メール、マップ、ミュージック、メモ帳、Podcast、リマインダー、株価、ヒント、ビデオ、ボイスメモ、Watch App、天気
この中の「Home」アプリはiOS 10から導入されます。
連絡先アプリは間違って消してしまっても内容は残るそうですが、それ以外のアプリを消してしまうと通常のアプリと同様そのデータは消えてしまいます。すでに使い始めている標準アプリは間違って消さないようにしましょう。そしてミュージックアプリを削除するとCarPlayが利用できなくなるそうですのでCarPlayを利用されている方は注意が必要です。
 
【6/6 追記】
削除ではなく実は非表示になるだけであることが判明しました。
 

「メッセージ」アプリが便利になる

 メッセージの中にURLを貼り付けると、そのリンク先のイメージが表示されるようになります。絵文字の入力も簡単にインパクトのあるものが送信できます。またメッセージの中から他のアプリを呼び出すことができ、手書きなどの「画像メッセージ」を送ることも可能になります。この他のアプリを呼び出す機能でスタンプなどを簡単に送ることが可能です。
デモでは動くスタンプが使われていました。背景が変えられたり、吹き出しの大きさを変えられたり、いろいろ改善されています。
 

コントローラーアプリ「Home」を追加

 「HomeKit」を使って家電の様々な機能をiPhoneからコントールすることができます。現在HomeKit対応の家電品が増え続けているそうです。家電をそれぞれメーカーごとに覚えたり操作したり、タイマーで制御したりするのは大変でしたが、これを統合的に手元でコントロールできれば便利そうです。
 

Siriが開発者向けに開放される。

 これでAppleのアプリ以外にも様々なアプリが起動できるようになります。
 

写真アプリ

 アルバムで分けることができる。人や場所で自動的に分けてくれる機能が追加されます。それをスライドショーで自動再生できます。それを再編集もできます。
 

地図アプリ

デザインが改善。渋滞情報に応じて迂回路も検索してくれます。交差点に差し掛かるとズームで拡大し、通過すると元に戻るようになります。
 

最後に

iOS 10が導入できるのはiPhone 5以降ですので、残念ながらPhone 4s以前の機種はサポート対象外になります。快適に使うには3D Touchを搭載したiPhone 6sが良さそうです。
 
これ以外にも沢山の改善点があるそうですので今から楽しみです。
 

スポンサーリンク

-パソコン