パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

備忘録

Facebookページの仕様が変わった?

2017/06/19

Facebookでログアウトした状態を知らずに、使っているiPhoneからFacebookページを見たらスマホからは「つながりになるにはFacebookに登録してください」と出てきました。タイムラインは参照できるようですが、イベント/予定は見れません。

確かFacebookページは企業も利用していて、Facebook会員でないとしても内容は見れたはず。何度か試しましたが、PCページからはその内容が見えるものの、スマホからは「つながりになるにはFacebookに登録してください」と出て内容が一向に見えませんでした。仕様が変更されたのでしょうか。これでは個人会員の場合と同じでFacebookページの意味がありません。

Facebookページを作って情報を発信している人は多いはず。これは困りました。今後この傾向が続きFacebookページでも「Facebook会員にならなければ情報は見せないよ」になっていくことが考えられますね。

この点に関して情報をお持ちの方はぜひ教えてください。これは一時的なものなのか、それともFacebookページはこれから閉鎖的になってしまうのか。

この時点での仕様でもスマホからのアクセスも多いことを考えると不便ですね。Facebookページを作る事自体、できるだけ多くの人に見ていただくために作るものだと思います。

ということでFacebookページには今後あまり情報は掲載しないで、徐々にWordPressサイトに移行しようと思います。Facebookページにかなり依存して作ってきた人がいるなら大変かも知れませんが、将来に備えたほうが良いかも知れません。

しかし完全にWordPressサイトに移行してしまうと今度はFacebook会員からの参照が減ってしまいます。メインの情報発信はWordPressサイトで、Facebookページは簡単なお知らせ程度で使っていくのがよいかもしれません。

これはあくまで私感ですが、今後多くの人に情報を発信していく場合、Facebookページだけでは難しくなっていく可能性があります。私の周りにはSNSはやらはいという方も沢山います。特に若者の間ではあまり利用されていないようです。今後の傾向としてFacebookページ閲覧の仕様が変更される可能性が大きいと言えます。Facebookの性質上、会員獲得のために様々な仕組みを考えてくるはずです。こうした方向性を見極めて、早め早めに対策を考えておいたほうが良いかもしれません。

結論として今できることは、将来を考えて、また予防の意味でも。

  • Facebookページには最小限のことしか掲載しない。
  • メインは自分のサイトを作り情報発信をする。

という事になります。上記のことは「自分の情報を守る」ためにも今後必要になると思います。Facebookが閉鎖することは今のところないと思いますが、Facebookのページは今の仕様ですとバックアップすることができないようです。Facebookに依存してしまうと、万が一Facebookのアカウントが削除されたり、スパム攻撃に合ったり、何らかの事情で記事が消えた時に何もすることはできません。デザインも仕様もFacebookに依存したものになります。

自分のサイトを持っていればバックアップも変更も自由にできます。

総評

Facebookは世界最大の便利なSNSです。月間アクティブユーザー数は16.5億人を越え、2016年決算報告で売上53.8億ドルだそうです。アクティブユーザーという表現もどの範囲を表しているのかわかりません。これが連絡用にしか使っていない人もアクティブユーザーとみなすなら、本当の意味でのユーザーは大幅に少なくなるはずです。

大規模になったがゆえに今度は囲い込みに入っていく気がします。まだまだ利用価値はあると思いますが、Facebookページに情報を公にするようなページを作りたいならば、バックアップの利便性や将来性も考慮に入れる必要があるでしょう。

スポンサーリンク

-備忘録