パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

Arduino CNC 備忘録

CandleのHeightmapを使う

2018/06/19

基板を切削する時にZ軸のずれは、面積が多いほど難しくなります。エンドミルが届かなかったり、逆に深く掘りすぎたりする部分が出てしまいます。そこでCandleに搭載されているHeightmapを使い、基板表面のZ軸方向への歪みを予め記録し、それをもとに修正して切削することにします。

Candle

事前にコントローラーに搭載されているArduinoのA5端子検出用のワニ口クリップを配線しておきます。

このA5端子とGNDとの接触をCandleは検出できます。「Z-probe」ボタンを押せば、プローブがGNDに接触したところで止めてくれます。Heightmapはこの検出を連続的に行い、Z軸の位置を読み込んで行く機能です。

Heightmapを使う方法

  1. probe(今回はワニ口クリップ)を取り付る。
  2. Candleを起動して、切削したいGコードを読み込む。(ファイルを読まないとHeightmapの項目がアクティブになりません)
  3. 左下を原点として「Zero XY」して、「Z probe」でZ軸を基板の表面に持って行き「Zero Z」でZ軸の基準とする。手動で行う場合もZ軸は基板から1mm以内にしておかないとエラーになるようです。
  4. Heightmapの「create」ボタンをクリック。
  5. 下にHeightmap settingが表示されるので、この部分で初期設定を行う。「Auto」をクリックすることでGコードの範囲を自動的に設定することができます。
  6. Heightmap settingの「probe」ボタンをクリック。Z軸は0のままでOKです。「probe」ボタンをクリックすると1mm上昇してから計測を始めます。
  7. 「Edit mode」をクリックし再びGコードを表示させる。
  8. ワニ口クリップを外す。
  9. 「use hightmap」にチェックを入れら切削。

これでHeightmapを使って基板を切削することができます。これまで面出しに苦労していたのがウソのようです。

スポンサーリンク

-Arduino, CNC, 備忘録