パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

WordPress

WordPressのデータベースでテーブルの接頭辞を変更する

WordPressのデータベースをインポートしたときに、接頭辞が合わなくて読めなかったり、あるいは複数のWordPressをインストールして一つのデータベースで管理したいとき、接頭辞を変更できると便利です。

接頭辞の変更は借りているサーバーのphpMyAdminにログインして行うことができます。

  1. 変更するデータベースを選ぶ。
  2. グローバルメニューよりSQLを選択する。
  3. 接頭辞を書き換えるクエリを入力して実行します。

「wp1_」を「wp_」に変更するクエリ

ALTER TABLE wp1_commentmeta RENAME TO wp_commentmeta;
ALTER TABLE wp1_comments RENAME TO wp_comments;
ALTER TABLE wp1_links RENAME TO wp_links;
ALTER TABLE wp1_options RENAME TO wp_options;
ALTER TABLE wp1_postmeta RENAME TO wp_postmeta;
ALTER TABLE wp1_posts RENAME TO wp_posts;
ALTER TABLE wp1_terms RENAME TO wp_terms;
ALTER TABLE wp1_term_relationships RENAME TO wp_term_relationships;
ALTER TABLE wp1_term_taxonomy RENAME TO wp_term_taxonomy;
ALTER TABLE wp1_usermeta RENAME TO wp_usermeta;
ALTER TABLE wp1_users RENAME TO wp_users;

これで接頭辞は変わりますが、このままではエラーで使えません。
次のクエリも実行して使えるようにします。

UPDATE wp_options SET option_name = ‘wp_user_roles’ WHERE option_name = ‘wp1_user_roles’;
UPDATE wp_usermeta SET meta_key = ‘wp_capabilities’ WHERE meta_key = ‘wp1_capabilities’;
UPDATE wp_usermeta SET meta_key = ‘wp_user_level’ WHERE meta_key = ‘wp1_user_level’;
UPDATE wp_usermeta SET meta_key = ‘wp_dashboard_quick_press_last_post_id’ WHERE meta_key = ‘wp1_dashboard_quick_press_last_post_id’;
UPDATE wp_usermeta SET meta_key = ‘wp_user-settings’ WHERE meta_key = ‘wp1_user-settings’;
UPDATE wp_usermeta SET meta_key = ‘wp_user-settings-time’ WHERE meta_key = ‘wp1_user-settings-time’;

以上です。必要に合わせて「wp-config.php」の中の「WordPress データベーステーブルの接頭辞」の部分をを変更します。

スポンサーリンク

-WordPress