パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

スマホ タブレット 備忘録

​今秋アップデートが予定されているされるiOS 11の新しい機能

iPad Pro 10.5(2017年版)が本領を発揮するのは今秋アップデートが予定されているされるiOS 11からです。ではどんな新しい機能があるのでしょうか。

ファイルアプリケーション

これまではアプリに依存して使い辛かったファイルの操作をOSレベルでサポートされるようになります。複数のファイルを指先で選択して移動やコピーをすることができます。しかも、iCloud Driveを始め、BoxやDropbox等の主要クラウドサービスも使うことができます。

新しいDock

既存のiOSは下からスワイプすると中途半端な位置に、音量や画面の明かるさのコントロール用のスライダーや、機内モード、Wi-Fi、カメラアプリ等のボタンが現れます。ボタンの大きさもまちまちであまり使いやすいものではありません。
これらがによってDock刷新されます。よく使うアプリをDockに登録しておいていつでも起動出来るようになります。これまでのようにホーム画面に戻る必要はありません。アプリの使用中に簡単にスワイプしてアクセスできます。
最近使ったアプリやiPhoneで最後に使ったアプリをiPad上で提案してくれます。
しかもこれらDockから起動されるアプリは、マルチタスキングによってSlide OverとSplit Viewに配置することができます。
Slide Overによって左右に表示されたそれぞれのテキスト、写真、ファイルを指先のドラグ&ドロップで移動できます。

Apple Pencilがより便利になる

インスタントメモ:Apple Pencilでロック画面をタップするだけで、すぐにメモを取り始められます。メモしたものはすべて、メモアプリケーションに保存されます。
インスタントマークアップ:PDFやスクリーンショットによりすばやく、より簡単に注釈を加えられるようになります。やり方は簡単でApple Pencilで書き始めるだけです。
インラインスケッチ:メモアプリケーションで何かを描いたり書き始めると、その周りのテキストが自動的に脇によけてくれます。さらに、メモアプリケーション内の手書きの文字も検索できるようになります。メールアプリケーションにインラインスケッチを加えることもできます。
ドキュメントスキャナ機能:メモアプリケーションの新しいドキュメントスキャナ機能が、書類を自動的に感知してスキャンし、端の余分なスペースをトリミングして、あらゆる傾きや光の映り込みを取り除きます。Apple Pencilを使って空欄を埋めたり、署名することもできます。できあがった書類の保存や共有も簡単です。

QuickTypeキーボード

キーポードにフリック機能が加わります。これにより、文字も、数字も、記号も、句読点も切り替えることなくフリック入力できます。
ARKitによるアプリケーションの開発
デジタルオブジェクトと情報をカメラで捉えた現実の空間と融合させる拡張現実が可能になります。

カメラ

プロ品質の新しいフィルタが、iPhoneのカメラを次のレベルへ連れて行きます。ポートレート写真は、より表情豊かに。肌のトーンは、より自然に。あなたが撮ったポートレートにクラシックな雰囲気を加えるフィルタまで見つかります。次世代の圧縮テクノロジーにより、半分のファイルサイズで今までと同じクオリティを持つ写真も撮影できるようになります。

Apple Payが友達間の支払いに対応

  • Apple Payのユーザーは、友人や家族との間で個人間決済の支払いと受け取りをすばやく簡単に、安全に行うことができます。Walletに登録してあるクレジットカードやデビットカードを使って、メッセージで送金したり、Siriに送金を頼んだりすることもできます。支払いを受けると、新しいApple Pay Cash™アカウントに入金されます。アカウント内の金額はすぐに利用でき、ほかの人に瞬時に送金したり、店舗やアプリケーション内でApple Payを使って買い物をしたり、銀行口座に振り替えたりすることができます。
    これ以外にもたくさんあります。
  • App Store®のデザインが一新され、アプリケーションやゲームをこれまでになく簡単に検索できるようになっています。iOSデベロッパとアプリケーションやゲームにまつわるストーリーが紹介されています。
  • App Store for iMessage®では、アプリケーションパネルのデザインが新しくなり、さらに簡単にアプリケーションやステッカーにアクセスして、メッセージに楽しいエフェクトを追加したり、曲を共有したりできるようになりました。
  • コントロールセンターは、さらに多様なカスタマイズが可能になっているほか、よく使うすべてのコントロールに1つのページから簡単にアクセスできるようになっています。また、新しいロック画面では、通知をまとめて表示できる便利な方法が追加されています。
    Apple マップ*には、世界中の主要な空港やショッピングセンターの屋内のマップのほか、曲がり角や出口を見逃さないよう、車線案内が追加されています。
    ホームのサポート対象が拡大され、AirPlay® 2スピーカーなど、より多くのアクセサリに対応しているほか、新しいトリガによって、より多様な方法でホームオートメーションが実現するようになっています。
  • AirPlay 2では、マルチルームオーディオ機能によって、コントロールセンター、ホームアプリケーション、Siriを使って簡単にスピーカーをコントロールできるようになっています。
  • Apple Music®には、友達と一緒に音楽を見つける方法が追加されています。Apple Musicに登録するとプロファイルを作成して、友達がフォローしたり、共有プレイリストを再生したり、よく聴く曲を表示したりできます。

    Apple News™では、最新情報やエンターテインメント情報を確認しやすくなっています。一人ひとりの使い方に合わせたトップストーリーやSiriによる提案のほか、新しい SpotlightタブにはApple Newsの編集者が毎日厳選する読み応えのある記事が表示され、Today Viewにはベストビデオが表示されます。
  • キーボードの片手操作用モードによって、移動中のiPhoneでの入力がさらに簡単になったほか、iPadでは新しいQuickType®キーボードによって、数字や記号、句読点をすばやく表示できるようになっています。

今秋が楽しみです。

スポンサーリンク

-スマホ, タブレット, 備忘録